カジノ フライデー 評判k8 カジノ「非現実的」と反対意見も──“パスタを45秒で作る”ロボが生まれた背景仮想通貨カジノパチンコgmo コイン モナコイン

カジノ フライデー 評判k8 カジノ「非現実的」と反対意見も──“パスタを45秒で作る”ロボが生まれた背景仮想通貨カジノパチンコgmo コイン モナコイン

カジノ フライデー 評判k8 カジノ「非現実的」と反対意見も──“パスタを45秒で作る”ロボが生まれた背景仮想通貨カジノパチンコgmo コイン モナコイン

bat 取り扱いk8 カジノ

ハリウッド パチンコ 外食業界のデジタル化が目まぐるしく進んでいる。配膳をロボットが行ったり、会計を機械で無人化したりと、従業員の業務をテクノロジーが代わりに行う技術の進化が止まらない。

 そんな中、「45秒に1皿パスタを作る」という優秀なシェフもびっくりな機能を持つ機械が登場した。

 45秒に1皿パスタを作る「P-Robo(ピーロボ)」は、プロントコーポレーションとTechMagicが共同で開発した調理ロボットだ。6月30日に、東京・丸の内ビルディング内にオープンするプロントコーポレーションの新業態店舗「エビノスパゲッティ」で1号機が稼働を始める。

「エビノスパゲッティ」で提供するメニュー(一部)の看板。パスタは全てP-Roboが調理する(筆者撮影)「45秒に1皿パスタを作る」P-Roboとは、どんなもの?

 P-Roboは、フライパンへの具材の供給から、調理、フライパンの洗浄までを自動で行う。同時に4つのフライパンを扱い、4食分の作業を進める。加熱には高出力のIHを用い、底の深いフライパンを高速で回転させることで、短時間で均一な味付けのパスタに仕上げる。

 1食目は約75秒、2食目以降は約45秒でパスタを提供し、1時間で最大90食を調理できる。従業員は盛り付け場所で待機し、パスタを盛り付けてお客に配膳する。

P-Roboで麺をゆでる様子(プロントコーポレーション提供)P-Roboのフライパンで麺にソースをからめる様子。フライパンが回転し、均一な味に仕上げる(プロントコーポレーション提供)P-Roboのフライパンから従業員がパスタを盛り付ける様子(筆者撮影)開発のこだわりは?仮想通貨カジノパチンコワゴン r mh21s 純正 ホイール

コメントを残す