バンドル カード ベラジョン 出 金k8 カジノ山手線で初、客を乗せて自動運転 乗り心地などテスト仮想通貨カジノパチンコ麻雀 点数 計算 ゲーム

バンドル カード ベラジョン 出 金k8 カジノ山手線で初、客を乗せて自動運転 乗り心地などテスト仮想通貨カジノパチンコ麻雀 点数 計算 ゲーム

バンドル カード ベラジョン 出 金k8 カジノ山手線で初、客を乗せて自動運転 乗り心地などテスト仮想通貨カジノパチンコ麻雀 点数 計算 ゲーム

ポーカー 台 中古k8 カジノ

ターミネーター 2 パチンコ JR東日本は5月10日、山手線で自動列車運転装置(以下、ATO)の導入に向けた実証運転を行うと発表した。実際に客が乗った電車で実証運転を行うのは今回が初めてで、試験日程は10月頃から2カ月程度を予定。同社は、2028年頃までに山手線での自動運転導入を目指している。

山手線実証実験は10月頃から約2カ月の予定(提供:写真AC)

 自動運転の導入に向け、18年度は終電後に、22年2月には営業時間帯に試験を実施した。今回はE235系を2編成使用し、自動運転に必要な運転機能や乗り心地などの確認を行う。

山手線2月に実施した試験の様子(プレスリリースより引用

 また、同社は省エネ運転の研究に取り組んでおり、2月の試験では、ATOの導入により約12%の運転エネルギー削減効果があることが分かったという。今回の実証運転では、実際の営業列車でのデータを収集・分析し、定時性・乗り心地と省エネを両立するATOの開発に役立てるとしている。

山手線 山手線1周における従来の運転と省エネ運転の消費電力量の比較(プレスリリースより引用)仮想通貨カジノパチンコ枝 本 雄一郎

コメントを残す